読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょいワル親父の買い物日記

物欲が止まらないアラフォー親父が、家電、インテリア、ファッション、書籍など、趣味で買った商品を勝手にレビューします

【レビュー】これまでの概念を覆す見せる掃除機!便利過ぎて気が付けば掃除の頻度が激増!!

家電

商品:ダイソンコードレスクリーナー「Dyson V8 Fluffy+」

評価:☆☆☆☆☆

価格:65,000円

 

部屋を綺麗に保つコツ、それは「こまめに掃除する」これに尽きます。

極論すれば、フローリングに吸引力は必要ない!!

  

特に小さな子供のいる家庭では、食事の度に床は食べカスだらけで、これをいかにマメに掃除するかで家の綺麗さは全く変わってきます。

 

でも我が家の嫁は・・・。

 

そこで、ズボラな嫁にいかにマメに掃除させるかを考えた末に、遂にダイソンを購入しました。

 

価格は65,000円!!

 

掃除機にしてはありえないくらい高い!!

 

ということで、65,000円という大金をはたいて買ったダイソンを独断と偏見でレビューしていきます。

 

とりあえず届いた商品がこちら↓

f:id:masya321:20170212002301j:plain

 

比較のためにティッシュ箱を並べてみましたが、第一印象は「意外と小さい」でした。

 

それにしても箱がおしゃれです。

日本メーカーの掃除機でこれほど洗練された箱を見たことがありません。

この辺りのこだわりはアップルに近いかも知れません。

 

そして実際の商品がこちら↓

f:id:masya321:20170212002513j:plain

 

CMで、吸引力が落ちないとか、排気が綺麗とか言ってますが、もちろんそれはそれで凄いんでしょうが、ダイソンの凄さを一つだけあげるとすれば親父はこれに尽きると思います。

 

『デザインが素晴らしい!!』

 

親父も昔は、 掃除機にデザインなんて必要ないと思っていました。

 

でもこれ、全くの間違いでした。

 

ダイソンは、これまで物置などに隠すのが基本だった掃除機に、インテリアの一部として見せて収納するという考え方を持ち込んだ

 

これ、掃除機の概念を覆すほどすごく革新的だと思います。

 

これまでは、掃除をする際には、物入れから掃除機を取り出してケーブルを引っ張りコンセントを挿す、という作業が必要でした。

たったこれだけのことなんですが、これが意外と億劫。

親父も、掃除機を出すのが面倒で、部屋に落ちた髪の毛やお菓子のカスを放ったらかしということが良くありました。

 

それに引き換えこのダイソンは、必要な時にさっとリビング横の収納スタンドから取り出して、すぐに掃除ができます。

 

当然コードレスで、しかも常に充電されているので 、コンセントを挿す必要もなし。

使い終わってもケーブルを巻く必要もなく、収納ボックスに戻すだけ。

 

この手軽さで、ゴミが目につけば、躊躇なくダイソンを取り出せます。

 

今まで3日に1回くらいしか掃除機をかけていなかった嫁が、今では何かゴミが目につく度にダイソンを引っ張りだしてます。

 

常に手が届く場所に掃除機があるって、本当に重要です

 

たったこれだけですが、掃除の頻度は圧倒的に増えました。

繰り返しになりますが、掃除機をインテリアにした、これが本当に革命的だと思います。

 

(わかりにくいですが、収納スタンドに収納している状態です↓)

f:id:masya321:20170212003015j:plain

 

ということで、ここまでで言いたいことは大半語り尽くしてしまいましたが、一応詳細なレビューです。

 

 

引力 

CMでは「他のどの掃除機よりも確実にゴミを吸い取ります」と謳っていますが、やや誇大広告かなと思います。。。

 

吸引力は明らかに先日買ったシャープのEC-CT-12の方が上です。

 

でもそれはEC-CT-12の吸引力が凄過ぎるだけで、このダイソンも日常使いには全く不満はないほど十分な吸引力があります。

  

◯デザイン ☆

文句無し!

  

◯電池の持ち 

カタログでは、フル充電の場合に通常モードで30分使用可能となっていましたが、実際この位はありそうです。

 

ダイソンが来てから、掃除の仕方が根本的に変わり、これまでのように掃除をする時は隅々まで気合い入れて掃除機をかけるスタイルから、リビングでも洗面所でも階段でも、気付いた時に気付いた場所だけさっとかけるスタイルになりました。

 

従って使っても10分程度で、30分掃除機を使うことがありません。ですのでバッテリーの持ちも今のところ十分です。

  

◯価格 

どう考えても高いです。

掃除機で65,000円って高過ぎです!パソコン買えます。

お願いだからもう少し下げてほしい。

  

◯利便性 ☆☆☆☆☆

いやもう本当に便利です。

掃除が楽しくなりました。

あと、ソフトローラーヘッドの先端部分がクネクネ動いて隙間等にすっと入り込むので地味に使いやすいです。

またどれだけ動いても電源コードが絡まる心配もないですし、遠くに動き過ぎてコンセントが抜けるということもありません。

コードレスがこれほど便利だとは正直思いませんでした。

 

 ◯静音性 ☆☆☆☆☆

ダイソンは煩いと聞いていましたが、そんなことはありません。

本当にかなり静かです。

通常モードだと、シャープのEC-CT-12の半分程度です。

音もなんとなく上品・・・な気がします。

 

◯重量 ☆☆☆

家電量販店で持った時はかなり重いと思いましたが、使ってみると、ヘッドがかなりスムーズに動くせいか、思ったほど重量を感じません。

 ただ10分以上持つと疲れるかも。

 

◯その他 

 Fluffy+にしたのでヘッドが一杯ついています。

f:id:masya321:20170212002526j:plain

 

写真左上から時計回りに

 ①ハードブラシ

 ②ミニモーターヘッド

 ③ふとんツール

 ④隙間ノズル

 ⑤延長ホース

 ⑥コンビネーションノズル

 

この中で一番凄いと思ったのは、②のミニモーターヘッドです。

下写真のブラシが回転するわけですが、埃を掻き出す力が強いのか、これでソファを掃除すると、埃がどっさりとれました。

f:id:masya321:20170212005414j:plain

 

ただそれ以外で使うのは④の隙間ノズルくらいで、その他は殆ど必要ありません。
ちなみに、⑤、⑥に至っては、2か月間1度も使ったことありません。

 

なお、普通のFluffyだと③、⑤、⑥が付いていませんが、その代わり1万円程度安いです。

 

・・・従って、親父の使い方でいうと普通のFluffyで十分です。

 

 

ではなぜわざわざ1万円高いFluffy+を選んだかと言えば、実はノズルではなくデザインにあります。

 

というのも、普通のFluffyかFluffy+かでメインのソフトローラークリーナーヘッドの柄の色が異なります。

Fluffy+が一番上の写真の通りグレーなのに対して、Fluffyは金色に近い黄色。

 

結構どぎつい色です・・・。

 

リビングに日常飾るにはちょっとインパクトが強すぎるかなと思い、Fluffy+を選びました。

正直、ノズルは必要ありません・・・。

 

ですので、色が我慢できる方は1万円安いFluffyで十分だと思います。

 

というわけで、今回のレビューは大作になりましたが、ダイソンの魅力が伝わってますでしょうか・・・?

 

正直、値段はアホほど高いですので、普通のキャニスター型の掃除機でもマメに掃除出来ている人にとっては、65,000円払う価値はないと思います。

ただ我が家のように、夫婦ともどもズボラな家には、非常に便利な代物です。

 

ダイソンが来て2か月、明らかに我が家はキレイになりました

 

個人的には、これが全てを物語っていると思います。

 

文句なしの5つ☆